2017年6月15日木曜日

梅雨〜夏の養生

梅雨入りし、みなさん体調の変化も大きい時期ではないでしょうか?
今回は中医学の観点から梅雨〜夏の養生法を紹介したいと思います。

----------

「カラダの陽気を気持ちよく発散させることが大切な季節」
日本の夏は蒸し暑くてじめじめ、なんだか食欲もわかないし、やる気もわかない。
足はむくんでしまうし、お腹の調子もいまいち。腰も重だるくて痛いし、、という不調を感じられる方も多い夏。

特に梅雨の季節は、湿が多い時期です。
自然界に湿が多いと、体の中にある余分な水分=湿は外に出にくくなります。
体の代謝がうまくいっていれば、それは汗や尿などで外に出すことが出来るのですが、なにかしら体に不具合があると湿をうまく体から出すことができず、湿が体に溜まりいろいろと悪影響を与えてしまうのです。


『湿』は、下に流れる性質があり、また、ねっとりとして停滞しやすい性質を持っています。足のむくみや腰が重だるいなど下半身に症状が出やすいのはそのためです。体に湿があると、消化吸収と水分代謝がうまくできなくなり、お腹の調子が悪くて下痢をしたり、食欲不振になったりと内臓本来の働きが出来なくなります。

湿邪を体から追い出そう!
湿邪によって体に変調をきたしているのならば、その湿邪を体から追い出せばいいのです。
これが、梅雨~夏の時期の養生で一番大事なことと言えます。では、その為にはどうすれば良いのでしょうか?

①『汗をかくこと』
散歩・ストレッチ・呼吸法などの軽い運動で汗をかきましょう。
お風呂もシャワーではなく、湯船にゆっくりと浸かって半身浴などで汗をかきましょう。汗で体内の湿邪を追い出すのが目的です。

②『体を冷やさない』
暑いからといってクーラーの効いた部屋ばかりにいると、汗をかくことがなく、結果 湿邪を追い出すことができません。
また、刺身や生野菜、冷たい飲み物はとり過ぎに注意しましょう。
体が冷えると代謝が悪くなり、汗のかきにくい体になってしまいます。
この季節だからこそ、なるべく温かくて消化の良いものを食べるよう心掛けましょう。

③『飲み過ぎに注意!』
喉が渇きやすい季節です。
でも飲み過ぎは、体内に余分な水分を溜めてしまいます。
喉が渇いたな、と感じた時、冷たい飲料水をガブ飲みするのではなく、温かい飲み物を少しずつ飲むと量 もそんなに多く取ることなく、喉の渇きもとれます。
また、冷たいものはお腹に負担がかかりますので、そういう意味でも一石二鳥です。
ビールなどのお酒はほどほどに、おいしい季節だからと言って飲み過ぎないでくださいね。

④『旬のもの、香りのよいものを食べる』
夏野菜は、体の余分な熱をとり、また余分な水分を尿にして体内から出す作用があります。キュウリ、トマト、茄子、とうもろこしなど。
また、葱、ショウガ、ニンニク、大葉、みょうがなどの香りの強い野菜もこの季節にはぴったりです。香りによって食欲も増しますし、香りの強いものは滞っているものを通す力があります。性質も体を温めるものが多く、発汗力もあります。

----------
こんな季節なんだな〜と頭の片隅に入れて少し実践できそうなことがあればぜひしてみてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿