2015年7月22日水曜日

女性の為のヨガ

おはようございます^^

梅雨も明け、毎日暑い日が続いていますね。

三連休はみなさまどのように過ごしていらっしゃいましたか?

私は最終日に久しぶりにヨガのWSへ。
陰ヨガの師匠である渡辺純子先生(純子先生の陰ヨガとの出会いが私のライフスタイルに大きな革命を起こしてくれました。)がシンガポールから一時帰国し大阪、名古屋、東京などでさまざまな講座を開いてくださっており、その中で「月経と陰ヨガ」のWSに参加してきました。

私自身、ヨガの流派にこだわらずヨガを続けてきました。
そしてその中で自分のカラダやと心に向き合うようになり自分にとって必要なヨガがわかってきてそのヨガを練習したり指導したり自然となって来たようにおもいます。

特に妊娠、出産を経験し自分のヨガの練習も、クラスも女性に特化したクラスを増やしたいと思うようになりました。妊娠、出産を経験してから生徒さんからうける相談もそのような女性特有の悩みがとても多くなりました。
妊娠したい。不妊治療しています。PMSがひどい。月経痛が辛い。生理が長く続く。生理が安定しない。更年期についても。




ヨガって元々はインドの修行者向け(男性)作られました。
同じ事を同じように毎日繰り返す。それって本当に男性に向いているそうです。男性は女性のように体のリズムに左右されないから。

女性は生理がありますよね。月経周期。毎日カラダが変わります。なのでその時に合うヨガ、やりたいヨガもかわってくると思うのです。



私は陰ヨガの効果をとても感じているので陰ヨガの基盤となる中医学の考え方もとても好きです。西洋医学ではよく35歳までが妊娠出来る。とか35歳までに子どもを産みなさいとか、よく聞きますよね。実際に不妊治療している方なんかはそのタイムリミットに胸が締め付けられるような想いをしているのではないでしょうか。

しかし中医学の考え方は「女性は安定した良い生理がある間はいつでも妊娠、出産することができる」と考えます。

「常に妊娠できるカラダ」というのが女性である最大のキーポイントなのだと思います。

《女性の健康=月経を整える》



詳しく学んで来た事は陰ヨガのクラス以外でも少しずつアウトプットしていきたいと思います。


女性の為の陰ヨガ特別クラスもやりたいな〜!
今回の学びをより多くの生徒さん、女性に伝えたい。
今そんな風に感じています。


学ぶ事ってとても楽しいですね。
そしてその学んだ事を伝えたいと思えるたくさんの生徒さんがいること。
私はとても幸せです。

みなさん、いつも本当に本当にありがとうございます。
そして学びに行きたいというわがままをいつも快く受けてくれる旦那さん、娘に心より感謝しています。ありがとう。


あーなんだか伝えたい事がありすぎて、でも横で寝ている娘も起きそうで、、、
全然まとまりのないブログですがこのままアップしちゃいます!!




ではでは今日もみなさんが素晴らしい一日であります事を願っています^^

Love,Tomomi




0 件のコメント:

コメントを投稿