2016年11月17日木曜日

本間先生の本が発売です!

「病気にならない暮らし事典」が発売されました!

ぜひ、

いや絶対見てください!
多くの方の手に届きますように☻


以下セブン&アイ書店より。
--------
【健康の常識をくつがえす本!】
  
……いま、日本各地から講演に引っ張りだこの、
話題の自然派医師をご存じですか?
那須烏山・七合診療所所長(内科・小児科医)の 本間真二郎先生です。
 
本間先生の初著書である
『病気にならない暮らし事典』
が、明日11/16(水)、全国の書店で発売となります。
(amazonでは今朝から発売されています)
「健康の常識をくつがえす本」と言える1冊です!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
本間先生は2008年、北海道の大学病院勤めを辞め、那須烏山市に移住しました。そして、
・人はなぜ病気になるのか?
・どうしたら健康になれるのか?
ということを研究するなかで、
その答えが「自然に沿った暮らし」にあることに気づき、みずから実践してきました。
現在は米、麦、雑穀、大豆、小豆といった穀物をはじめ、
40種類の野菜、みそ、しょうゆ、酢、みりん、納豆、甘酒などを手づくりしながら、自給自足の生活を楽しんでいます。
   
その体験をもとに「病気にならない生き方」を伝える講演会ではいつも、
Q 生活を変えるのは、今からでも間に合いますか?
Q 子どものワクチンは、打たないほうがいいですか?
Q 放射能が気になるのですが、対処法はありますか?
といったさまざまな疑問・質問が、
幼い子どもをもつお母さんを中心とした、幅広い世代の方から次々と寄せられます。
そして、それらひとつひとつに、本間先生は丁寧に答え続けてきました。
  
本書では、
・すべての病気の原因は、不自然な暮らしにある。
・自然に沿った暮らしをすれば、病気にならない。
という考え方を、その裏付けも含めて「総論」にまとめています。
さらに食、生活、環境、医療について、
今すぐ実践できる工夫を具体的に示した「各論」も、事典風に76項目まとめています。
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【もくじ】
●「病気にならない生き方」とは?
●積極的にとりたい食材「まごわやさしい」
●砂糖は百害あって一利なし
●日光にあたると死亡リスクが低くなる
●衣類は自然素材のものを選ぶこと
●シャワーのときの塩素の害は、飲むときの100倍
●かぜを薬でなおす人は、大病にかかりやすい
●高血圧は、塩分よりもストレスの軽減につとめて
●子どもの腹痛の原因で多いのは便秘
●ワクチンはメリットとデメリットをよく考えて
●お母さんは家庭のお医者さん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
本間先生の講演を聞いた方々が、この本を使った勉強会を企画されていたりと、さまざまな動きもあるようです。
これから「自然に沿った暮らし」が広まっていくと思うと、ますます楽しみです!
 
 
★amazonはこちら。

0 件のコメント:

コメントを投稿