2014年9月17日水曜日

しこり。

おっぱいにしこりが出来てしまい授乳してもカチカチ、搾乳してもカチカチ。まだ熱はもっていないけど丸2日はしこりが取れなくて乳腺炎になるのでは!?と不安に。

お産の時にお友達になった助産師さんに連絡したらたくさんのアドバイスをくれ、祝日だったこともありまだ緊急性は無さそうだからもう一日様子を見ることに。

おっぱいのしこりは食べ物、体調(疲れなど)、冷え、赤ちゃんの飲み具合、授乳時の抱き癖などさまざまな事で出来るらしいです。

もともと張りやすい体質なので食べ物には気を付けていたのであまり思い当たる節はないなぁ〜。でもちょっと油分取りすぎてたかな、、、。
冷たい食べ物飲み物は普段から飲まないけど、朝晩の冷え込みや秋の冷たい風には当たっているかも〜。
お風呂もゆっくりつかれないし。
それから日中は冷え取り靴下サボりぎみだった。。

そして引越しやらで知らず知らずのうちに疲れが溜まって今出てきたのか!?
と振り返りながら助産師さんのアドバイス通り一日を過ごしました。


食べ物は和食。甘いものは食べない。
葛根湯を飲む。娘にたくさんおっぱいを吸ってもらう。授乳中の抱き方を変えてみる。しこりのある所を押しながら授乳してみる。ゆっくり過ごす。

などなど。
その日の夜まではしこりの様子は変わらずカチカチだったので明日病院かなー?と思いながら床に就きました。

翌朝起きてみるとしこりが小さくなった!
そして朝の授乳後にはしこりがなくなりいつも通りのおっぱいになりました。

乳腺炎にならなくて良かったです。
早めの対処が重要ですね。

日々の過ごし方も改めて気をつけようとおもいました。

助産師さんとお友達で良かった〜
本当に本当に助かりました!
入院中も夜な夜な一緒におっぱい搾りを手伝ってくれた助産師さん、信頼しております。
ありがとうございました✳︎

写真は全然関係無いですが娘とお揃いのニットを購入しました。実は私のもキッズサイズ。秋物は可愛くておしゃれしたくなりますね(^^)



0 件のコメント:

コメントを投稿