2013年7月5日金曜日

土台

昨日は陰ヨガクラスでした。

たくさんの方に陰ヨガを体験して頂けて本当に嬉しいです!ありがとうございました。

初めての方もリピートして下さっている方も皆さんしっかり陰を感じていました。

「陰」とは土台という意味があります。体でいえば、下半身。
植物で言えば根っこの部分ですね。根っこは水分や栄養であるエネルギーを吸い取る部分で根っこがしっかりしていないと全体が元気ではなくなってしまいます。

そう考えると、人間も土台が大切だということが分かりますね。
下半身、特に股関節周りを緩めて余計なものは出して新しいエネルギーを全身に送り込む作業を陰ヨガで行っています。
陰ヨガを行ったことがある方には分かると思いますがカラダもココロもどっしり落ち着き、静かになれますよね。カラダだけでなくココロの土台作りもしています。

陰ヨガを続けると分かるようになると思いますが陰ヨガでは下半身ばかりアプローチしているのに肩凝り、頭痛、目の疲れや充血、鼻水など上半身の不調がなくなります。この様な不調は根っこが弱いのに幹や枝ばかり大きくなっている状態ですので、下半身意識していきましょう。

土台「陰」をしっかりつくれば自然と拡大「陽」も整ってきます。

陰ヨガで身体の土台作りをしてカラダもココロも元気にいきましょう!




0 件のコメント:

コメントを投稿