2019年2月10日日曜日

【満員】4月から柔軟性向上集中コースはじまります!

ヨガをはじめる方の目的の多くに「柔軟性を高めたい」「身体を柔らかくしたい」
とおっしゃっていらっしゃる方が大変多くいます。

身体が柔らかいとたくさんのメリットがありますよね。

①身体を動かすことが楽になる

関節の動きがスムーズになり、可動域が広がるので歩く・走る・投げる・蹴るといった動作が楽に行え、楽しく身体を動かすことができる!

②基礎代謝が上がり、痩せ体質に

基礎代謝が、上がれば、日常で消費されるカロリーが増え、脂肪燃焼しやすくなるので、太りにくく、痩せやすくなります。

③運動や日常動作で怪我をしにくくなる

身体を柔らかくしておくことで、スポーツの時だけでなく日常生活の中で思わず起きるアクシデントでの怪我を防ぐことができます。また、身体の柔軟性をもっていることで怪我の程度を抑えることができるのです。

④血行改善

柔軟性が高いと筋肉を動かして代謝を高めるだけでなく、筋肉のもつポンプ作用を利用して血行を改善させます。血行が良くなると手先や足先の冷え性改善にも繋がります!

⑤疲労回復

運動や日常動作で溜まった疲労物質などは血液に乗って運ばれ分解されます。身体の柔軟性が高いと血行も改善されるので、この循環も早くなり、疲労回復に効果があります。

⑥肩凝り、腰痛改善

筋肉のハリやコリなどは、肩凝り腰痛の大きな原因の1つです。
身体の柔軟性がないと関節により大きな負担がかかり、痛みを引き起こすこともあります!
筋肉や腱が伸びることで、関節への負担を減らし、肩凝り、腰痛を緩和、改善させることができます。

⑦姿勢が良くなる

姿勢は普段の生活習慣により、どこかの筋肉が固かったり、どこかの筋肉が柔らかかったりとバランスが崩れることから、姿勢がどんどん悪くなってきます。全身の柔軟性を増し、姿勢を改善することこそが、肩凝りや腰痛など凝りからくる悩みの根本改善に繋がっていきます。

などこれはほんの一部です。

それに加えて

「身体が柔らかくなる=心が柔らかくなる」

ハプニングやアクシデントに柔軟に対応ができるようになります。(対応能力のアップ)


身体を柔らかくしたい!と毎日ストレッチに励んでいる方も多いと思いますが今回のコースでは1ヶ月であなたの身体の緩めるべきところと鍛えるべきところをお伝えし短期間で柔軟性を向上して行きます!

本気で変えたい方ぜひお申し込みください。


下記詳細です。

----------

身体が柔軟性向上集中コース(全3回)

1ヶ月で柔軟性を確実に高めていきます。

柔軟性を高めるためにの一番のポイントは「筋出力」
ただ漫然とヨガのポーズやストレッチを行っているだけでは、なかなか身体は柔らかくなりません。

筋出力を上げることにフォーカスを当て、理論と実践、様々なアプローチから美しくしなやかな柔軟性を手に入れていきます。

こちらのコースは少人数制のセミパーソナルレッスンとなります。
前屈を深めたい。後屈を深めたい。開脚が出来るようになりたい。などご参加頂くお一人お一人のゴールに近づくよう指導致します!
憧れのヨガのアーサナを目指していきましょう!!
*こちらは3回コースとなります。日程をご確認の上お申し込みくださいませ。

【日程】
4/7(日) 9:00~11:00
4/14(日) 9:00~11:00
4/28(日) 9:00~11:00

【定員数】6名 満員となりました!

【料金】24000円(チケット使用不可)
ご予約後10日以内にお振込もしくは来店にてお支払いをお願いいたします。
お申し込みの時点から今回のコースでの目標設定などLINEなどでやり取りをしスタートに向けて準備をしていきます。
※初開催特別料金となります。

【ご予約】
ご予約フォーム→ご予約
こちらよりお申し込みください。初日4月7日を選択していただけるとご予約可能です。


【講師】渡邉智美


ただ漫然とヨガのポーズやストレッチを行っているだけでは、なかなか身体は柔らかくなりません。
もう何年もストレッチを続けているのに、一向に身体が柔らかくならない。夜は柔らかいのに一晩寝て朝身体を動かそうとすると、岩のように固くなってしまっている。このような経験はありませんか?

その一方で、そんなにストレッチを頑張っているように見えないけれども驚くほど身体が柔らかい人がいるのも事実です。その差は何なのでしょう?ストレッチを続けてもなかなか身体が柔らかくならないのにはきちんとした理由があります。
その理由は今巷に出回っている多くの本には書いてありません。

実は身体の柔軟性はある「究極の原理」を使うだけで、一瞬で劇的に変わるのです。


理論と実践で確実な変化を受け取りましょう!

ご予約お待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿